WiMAXの解約方法など申し込み前にチェックしたいポイント

Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13のレビュー・評判

読了までの目安時間:約 3分

 

WiMAXの利用で、最も人気の高い「モバイルルーター」の一つ「Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13」をご存知でしょうか?

今回は、Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13の人気の秘密。
そして、商品の評判や各種レビューについて詳しく見て行くことにしましょう。

「 Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13の評判 」

まず、Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13のメリットとして、多く上げられる意見をいくつかピックアップしてみましょう。

● 自動で3GとWiMAXに切り替えが出来るのでラク。
● 説明書無しで、簡単にセット出来た。
● バッテリーが長持ちしてくれるので安心。
● 屋内でも使いやすいので、言えようにも使える。
● パケット代の節約に繋がった。
● 高速通信が出来るので、いつでも動画やアプリのダウンロードが出来る。
● 最大5台で共有できる、またデータも共有できるのでビジネスに便利。

同じく、Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13のデメリットについて見て行きましょう。

● 固定回線として使うには、若干パワーの不足を感じる。
● 環境によっては、3Gで対応する事が多い。
● 若干重さを感じる。
● 3Gでは、容量の規制があるので使う場所を選ぶ。
● WiMAXハイパワーに対応していない。

このように、Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13のレビューには、全体的に使用感が良いなど「好評価」が数多く集まっています。

ただ、それぞれの方が機器を使われる環境によって、大きな差が生じる事も分かって来ました、

もし、初めから安心してWi-Fi WALKER WiMAX HWD13を使いたいのであれば、まずはレンタル出来る「15日間無料お試し」サービスを利用してみる事をオススメします。

予め、仕事先や自宅での接続の環境等を詳しく知ってから契約が出来るので、いつでも安心して使い始める事が出来ます。

 

WiMAX豆知識   コメント:0

外出先で便利なのは、LTE それともWiMAX?

読了までの目安時間:約 3分

 

iPod touchを外出先で使うには、どのような方法を用いれば良いでしょうか?
 
最も支持される方法として、docomoのLTE回線、そしてWiMAX(ワイマックス)などに代表される「モバイルルーター」の存在が上げられます。
 
実際に、WiMAXによる通信方法やLTEの利用には人気が集中していると言われています。そこで今回は、docomoのLTEとWiMAXを使った場合を(両者)比較してみる事にしましょう。
 

docomoのLTEとWiMAXの比較

● NTTドコモ「Xi(クロッシィ)」

LTE回線使用
料金:5,985円(Xiデータプラン フラット にねん)+プロバイダ料金(315〜525円)
速度:下り最大100.5Mbps/上り最大37.5Mbps(場所によっては、最大112.5Mbpsの場合も)

注意1 ) 通信量は7GBまで>超過した場合は、129kbpsまで制限が掛かる

注意2 ) エリア圏外になった時はFOMAのデータ通信が使えるが、利用料金が非常に高額になってしまうので注意が必要。

WiMAX (Wi-Fiルーター)

ワイヤレスブロードバンド
料金:3,880円(UQ Flat 年間パスポート)
速度:下り最大40.Mbps/上り最大15.4Mbps

制限が無いので、docomoのように超過料金は無し、速度制限も掛からない。
エリアはdocomoのLTEよりもカバー率が高い(WiMAXのカバー率90%)

注意1) ただし、docomoでもFOMAを利用すれば、カバーエリアは99%となる。

「結局、どちらがお得に利用出来るの?」

一見するとdocomoのLTEの方が、速度が早く使いやすいと思われます。
しかし、利用プランの料金やカバーエリア外の利用料金を上乗せすると「かなり高額」になる心配があります…。
FOMAを併用すれば、その分カバー率は高くなりますが、比例して料金も高くなります。
7GBという容量も、動画の視聴ですぐにオーバーしてしまうでしょう。
折角、速度が速くても「データ利用の制限があるのは致命的」と言えます。

その点、WiMAXでは「速度制限や容量の問題が無い」ので、いつでも安心です。動画やダウンロードもサクサク進められるので、iPod利用者には欠かせない存在です。

その上、月額3,880円で、どこでも安定した速度を確保できるので、iPod touchユーザーだけでなく、ノートパソコンやニンテンドー3DSの利用者にも、大変オススメです。

 

他の回線規格との比較   コメント:0

3GとWiMAXの比較

読了までの目安時間:約 4分

 

外出先でのネット環境

近年、iPod touchやノートパソコンを使うユーザーにとって「便利なネット環境」が整備されて来ています。
特に、外出先でも快適なネット接続が得られる「テザリング機能」やWiMAXなどに代表される「モバイルルーター」に人気が集中する傾向にあります。
 
さて、スマートフォンを使った「テザリング機能」と「モバイルルーター」には、一体どのような違いがあるのでしょうか?
 
ここでは、それぞれの料金や速度、エリア範囲の違いなどを、徹底比較してみたいと思います。
 

3G回線とWiMAXのメリット&デメリット

今回は、テザリングの代表として「docomoの3G回線」を取り上げます。
また、モバイルルーターの代表として「WiMAX・モバイルルーター」と、両者を比較する事にしましょう。
 

docomoのテザリング

docomo の3G通信のテザリングでの速度は、下り最大14Mbps /上り 5.7Mbps となっています。
 
料金は「パケ・ホーダイフラット」で「定額5,460円」で設定されています。
ただ、3Gでテザリングをすると最大8,190円(税抜7,800円)と金額が跳ね上がるので注意が必要です。
 
iPod touchやノートパソコンをテザリングで接続する方の殆どは、上限金額である8,190円(税抜7,800円)が請求されるでしょう。
 
他の料金プランと組み合わせれば、若干料金が変わってくるかもしれませんが、高額になる事には間違いありません。
 
その代わりに、国内の使えるエリア範囲は「ナンバーワンのカバー率」を誇ります。

 

WiMAXのモバイルルーター

WiMAXの速度は、下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbpsとなっています。
ここまで速ければ、動画の視聴やアプリのダウンロードもサクサク進むので非常に快適です。
 
料金プランは「定額3,880円=繋ぎ放題」です。
また、docomoや他社モバイルルーターのように、データ量の規制も無く「いつでも使い放題」なのが特徴です。
 
超高速で使えるエリアは全国主要都市部の99%、その他利用サービスエリアも「全国94%のカバー率」を誇ります。
 
また、WiMAXのモバイルルーターは「バッテリーの持ちが良い」のが、大きな特徴となっています。
テザリングの「約2倍バッテリーが長持ち」してくれるので、スマートフォンのように電池を気にせず、いつでも安心して使うことが出来ます。
 

docomoとWiMAX、使うならどっち?

docomoでテザリングを行う場合、決して「3Gだけに問題ある」訳ではありません。
 
例え、LTEを利用してテザリングを行ったとしても「スピードが安定しない」等の問題が数多く寄せられています…。
また、料金も高額になってしまうので、頻繁に利用する人にはあまりオススメ出来ないのが現状です...。
 
反対に「WiMAX・モバイルルーター」の場合は、いつでも「高速・安定した通信状態を確保」出来ます。
 
料金も3,880円で使い放題と非常にリーズナブルで、モバイルルーターに関しても(キャンペーン等で)殆どが無料で入手可能です。
 
このように、高速でインターネットを快適に楽しみたいのであれば、WiMAXを選ぶ方が、断然お得と言えるでしょう。

ぜひ、賢く快適なインターネット環境を導入してみてください。

 

WiMAX豆知識   コメント:0

WiMAXをスマホで使う 具体的にどうすれば??

読了までの目安時間:約 3分

 

スマホとの接続に問題はあるの?

スマートフォンをお使いの方は、思った以上に「高い月額費用」に悩まされていませんか?

スマホでも高速通信が可能とされていますが、実際には大きな容量のデータをやり取りする際、制限が設定されています。
 
7GBまでのデータに関しては、パケットし放題の範囲内になりますが、アプリや音楽のダウンロード、動画の視聴を頻繁に行えば、すぐに容量は超過してしまうのです…。
 
更に、速度が128kbpsに制限される上、解除には追加料金も掛かってしまうので、何かと大変です。
 
その点、WiMAXなら接続エリアは全国主要都市の人口カバー率は99%を誇っているので、安心です。
配線の必要なく、スマホやタブレット端末、パソコンと広範囲に使えるので、大変便利です。
 
その上、急な停電にも慌てず、災害時でも安心して高速通信でスマホを使う事が出来ます。
 

スマホの料金はどうなるの?

テザリングを行ったり、パケットを使った通信を行っていると、例え使い放題であったとしても、携帯会社に支払う費用は(通話料等も含めて)約8,000〜10,000円位掛かってしまうでしょう。
 
しかし、WiMAXのWi-Fi接続をメインにすれば、月々のスマホの利用料は「パケットの最低額」にまで抑える事が出来ます。通話も無料通話の出来るアプリ(LINE等)を使えば、殆ど通話も必要ありません。
 
このように、WiMAXを契約をすれば、スマートフォンの「パケット定額の下限料金」のみ支払えば良いので、大変お得です。

3Gに自動で切り替わらない設定の仕方

● iPhoneの場合

「設定」をタップし、一般の「ネットワーク」を選択します。
「モバイルデータ通信」をオフにして、無線LANのアクセスポイントに、WiMAXを選べばOKです。

● Androidの場合

ホーム画面から「設定(setting)」をタップします。
「無線とネットワーク」を選択、次に「ワイヤレスとネットワークの設定」をタップします。
そこで「機内モード※」を有効にし、「Wi-Fi」をオンに設定します。
※ このように、機内モードをオンにしておけば、3Gをオフにし忘れる心配が無いので、安心です。

 

WiMAX×スマホ   コメント:0

Hello world!

読了までの目安時間:約 1分

 

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

 

未分類   コメント:1