WiMAXの解約方法など申し込み前にチェックしたいポイント

3GとWiMAXの比較

読了までの目安時間:約 4分

 

外出先でのネット環境

近年、iPod touchやノートパソコンを使うユーザーにとって「便利なネット環境」が整備されて来ています。
特に、外出先でも快適なネット接続が得られる「テザリング機能」やWiMAXなどに代表される「モバイルルーター」に人気が集中する傾向にあります。
 
さて、スマートフォンを使った「テザリング機能」と「モバイルルーター」には、一体どのような違いがあるのでしょうか?
 
ここでは、それぞれの料金や速度、エリア範囲の違いなどを、徹底比較してみたいと思います。
 

3G回線とWiMAXのメリット&デメリット

今回は、テザリングの代表として「docomoの3G回線」を取り上げます。
また、モバイルルーターの代表として「WiMAX・モバイルルーター」と、両者を比較する事にしましょう。
 

docomoのテザリング

docomo の3G通信のテザリングでの速度は、下り最大14Mbps /上り 5.7Mbps となっています。
 
料金は「パケ・ホーダイフラット」で「定額5,460円」で設定されています。
ただ、3Gでテザリングをすると最大8,190円(税抜7,800円)と金額が跳ね上がるので注意が必要です。
 
iPod touchやノートパソコンをテザリングで接続する方の殆どは、上限金額である8,190円(税抜7,800円)が請求されるでしょう。
 
他の料金プランと組み合わせれば、若干料金が変わってくるかもしれませんが、高額になる事には間違いありません。
 
その代わりに、国内の使えるエリア範囲は「ナンバーワンのカバー率」を誇ります。

 

WiMAXのモバイルルーター

WiMAXの速度は、下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbpsとなっています。
ここまで速ければ、動画の視聴やアプリのダウンロードもサクサク進むので非常に快適です。
 
料金プランは「定額3,880円=繋ぎ放題」です。
また、docomoや他社モバイルルーターのように、データ量の規制も無く「いつでも使い放題」なのが特徴です。
 
超高速で使えるエリアは全国主要都市部の99%、その他利用サービスエリアも「全国94%のカバー率」を誇ります。
 
また、WiMAXのモバイルルーターは「バッテリーの持ちが良い」のが、大きな特徴となっています。
テザリングの「約2倍バッテリーが長持ち」してくれるので、スマートフォンのように電池を気にせず、いつでも安心して使うことが出来ます。
 

docomoとWiMAX、使うならどっち?

docomoでテザリングを行う場合、決して「3Gだけに問題ある」訳ではありません。
 
例え、LTEを利用してテザリングを行ったとしても「スピードが安定しない」等の問題が数多く寄せられています…。
また、料金も高額になってしまうので、頻繁に利用する人にはあまりオススメ出来ないのが現状です...。
 
反対に「WiMAX・モバイルルーター」の場合は、いつでも「高速・安定した通信状態を確保」出来ます。
 
料金も3,880円で使い放題と非常にリーズナブルで、モバイルルーターに関しても(キャンペーン等で)殆どが無料で入手可能です。
 
このように、高速でインターネットを快適に楽しみたいのであれば、WiMAXを選ぶ方が、断然お得と言えるでしょう。

ぜひ、賢く快適なインターネット環境を導入してみてください。

 

WiMAX豆知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: